男友達が欲しい人必見!作り方【決定版】

男友達が欲しい人必見!作り方

大人が友達を増やす時ジャンルと注意点

   

友達作りの注意点

友達はいくつになっても少しずつ出来るものです。子供の頃は学校のクラスメイトがみんな友達と言う感覚で無意識に友達が増えていきましたが、大人になるとなかなかそうはいかなくなります。そこで、大人が友達を増やすにはどんな点に注意したらよいかをお話ししたいと思います。友達を増やす場所は会社、近所、子供のママ友など学校とは少し環境が違います。ではそれぞれの場所でどのように注意したらよいでしょうか?まずは会社です。会社は学校と違ってどんなに嫌になってしまっても、仕事で関わりがあれば無視することはできません。なので一気にフレンドリーになってしまうのは危険です。

 

一気に仲良くなって、嫌になってしまったら仕事にも影響を来すからです。少しずつ仲良くなって、気が合った結果親しくなるのが理想だと思います。近所付き合いも少し似ていて、賃貸ならまだいいのですが持家だった場合はもめ事があったから、と簡単には引っ越せません。なので、基本的には一定の距離を置いて付き合うのがいいでしょう。この”一定の距離”は、その人その人で距離感が違うのも難しい所です。日常の話から自分と相手の考えている一定の距離感を推測しつつ、付き合うのでとても親しくするのは難しいかもしれません。

 

でも気が合えば心地よい存在にはなれます。最後にママ友ですが、これは一番厄介です。自分と相手だけでなく、それぞれの子供も関わってくるからです。子供が小さいうちはもめ事を起こさない距離で付き合うのがよいでしょう。子供達が親なしで過ごすようになったら気の合うママ友とは子供同士の関係とは別に自然に仲良くなれるのでこの分野での友達は結果的には必ず何人かはできるはずです。このように考えると難しそうかもしれませんが、どんな所でも自分に合う波長の人は感で見つかるので、感と先述の事を少し頭に置きながら友達を増やしてください。

 - 男友達 出会い